デカフェってよく聞くけどどんなものか

デカフェとは、通常カフェインを含んでいる食物からカフェインを取り除いたもののことを示し、カフェインレスやカフェインフリーと呼ばれることもあります。


一般的に「デカフェ」と表現した時は、特にカフェインが含まれないコーヒーを示す傾向にありますが、それ以外の緑茶や紅茶、コーラといった食品も対象です。



そもそもなぜデカフェが作られるようになったかと言うと、カフェインによる基礎代謝促進や覚醒効果が期待できる一方で、過剰摂取をしてしまうと健康に影響をおよぼすという研究結果が出ているからです。特に妊婦は胎児への影響があるとして、一日の摂取量を制限されていますし、健康な成人であっても毎日何杯も飲み続けることでリスクが増加すると考えられています。

しかしコーヒーを始めとしたカフェイン飲料は愛飲家も多く、そういった悩みを払拭するために生み出されたのがデカフェということになります。

あなたにぴったりのデカフェ情報の理解したいならこちらのサイトです。

コーヒーにおいてカフェインを除去するためには、おおよそ四つの方法が検討されており、そのうち二つは溶剤を用いるため、健康への影響があると言われて敬遠されています。

オーガニックな方法では、特殊なカーボンフィルターを用いてこしとるというものと、二酸化炭素に圧力をかけて超臨界流体と呼ばれる特別な状態にして抽出するというものがあります。

また、EUでは99.9%以上を除去しなければ「デカフェ」として認定されないという、厳しい規制がしかれています。

より含有量について気に掛けるのであれば、そういった厳しい規制の下で認可されている豆を用いるとよいでしょう。

役立つマイナビニュースに関するお役立ち情報コーナーです。